相続放棄

相続放棄とは?

相続は、プラスの財産だけではなく、マイナスの財産も承継します。
被相続人の相続財産が

プラスの財産 > マイナスの財産 の場合もあれば、

プラスの財産 < マイナスの財産 の場合もあります。

被相続人の財産がマイナスの財産が多いときは相続人は「相続したくない!」と考えるでしょう。
この場合に、被相続人の財産を一切承継しないで放棄する手続きを「相続放棄」といいます。
相続放棄の手続きは、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して申し立てる方法により行います。

相続放棄の効力としては、
・被相続人の財産を一切承継しない(プラスの財産も含む)
・相続に関して初めから相続人ではなくなる
ことになります。
そのため、プラスの財産だけを相続して、マイナスの財産は相続しないということはできないことになります。
また、”相続に関して初めから相続人ではなくなる” ため、
例えば、被相続人Aには、配偶者Bとその子であるC及び母であるDがいることを前提として、Aに相続が生じた場合に、
Cが相続放棄をしたときは、Cはこの相続に関して相続人とはならず、次順位の相続人となるDが相続人となります。
もちろん、初めから相続人とならないため、Cに子がいる場合でも「代襲相続」は生じません。

相続放棄ができる期間は?

相続放棄は、自分のために相続の開始があったことを知った時から、3か月以内 に手続きをする必要があります。
相続が生じてから3か月ではなく、相続が生じて、相続人である者が ”自分が相続にである” と認識してからになります。
この3か月を過ぎてしまいますと「単純承認」になってしまうので、注意が必要です。

この3か月を過ぎてしまった場合でも相続放棄をすることができる場合があります。

相続放棄の必要書類は?

共通の書類

① 被相続人の住民票の除票または戸籍の附票
② 申立人(放棄をする相続人)の戸籍謄本

申立人が配偶者の場合

③ 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申立人が子・孫の場合(第1順位の相続人)

③ 被相続人の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
④ 申立人が孫のときは、孫の親(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申立人が父母・祖父母の場合(第2順位の相続人)

③ 被相続人の出生時から死亡時までが繋がる全ての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
④ 被相続人の子(及び孫)で死亡している者がいる場合は、その子(及び孫)の出生時から死亡時までが繋がる全ての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
⑤ 祖父母が申立人の場合は、祖父母の親の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

申立人が兄弟姉妹・甥姪の場合(第3順位の相続人)

③ 被相続人の出生時から死亡時までが繋がる全ての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
④ 被相続人の子(及び孫)で死亡している者がいる場合は、その子(及び孫)の出生時から死亡時までが繋がる全ての戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
⑤ 被相続人の父母・祖父母の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本
⑥ 申立人が甥姪のときは、甥姪の親(本来の相続人)の死亡の記載のある戸籍(除籍、改製原戸籍)謄本

【「相続」と「遺言」に戻る】

相続放棄についてのお問い合わせ

相続放棄した方がいいのかわからない。戸籍関係は持ってるから申立てだけ依頼したい等。

ご相談は完全無料です。土日祝日も営業しております。営業時間は9時から20時まで。

お電話でのお問い合わせはこちらから↓

03-5333-0624

メールでのお問い合わせはこちらから

ご連絡心よりお待ちしております。

PAGE TOP