法定相続

相続とは?

人が亡くなった場合に、亡くなった人が所有していた
「財産」 、「権利」 や 「義務」 を配偶者や子供が承継することをいいます。
亡くなった人     = 被相続人
承継する配偶者や子供 = 相続人
といいます。

 

相続人の特定の仕方は?

相続が発生した場合に、被相続人が遺言書を残していないときは、法律によって相続人となる人が決まっています(この決められた相続人のことを、法定相続人といいます)。
法定相続人には、以下のとおり順位が決められています。

遺言書がある場合はこちら → 「遺言」

☆ 配偶者…常に相続人となります。

内縁関係にある配偶者は含みませんので、その場合には、遺言を残しておくことをオススメします。

① 子   (第1順位)

「子」には、
・被相続人と血縁関係にある子(実親子関係)
・被相続人と養子縁組をした子(養親子関係)があります。「養子縁組とは?」
嫡出子(婚姻関係にある人との間に生まれた子供)と非嫡出子(婚姻関係にない人との間に生まれた子供)を問いません。胎児も相続人となります。

② 直系尊属(第2順位)…①がいない場合に相続人となり、父母や祖父母が該当します。

被相続人がまだ幼くして亡くなった場合、父母と祖父母が共に存命のときには、父母が第一親等、祖父母が第二親等となるので、親等が近い父母が相続人となります。

③ 兄弟姉妹(第3順位)…①②がいない場合に相続人となります。

兄弟姉妹には、父母が同じ全血兄弟姉妹と父母の一方のみが同じ半血兄弟姉妹がいます。相続分が異なるところが注意点です

※ 子(第1順位)と兄弟姉妹(第3順位)が相続の開始前に亡くなっていた場合には、代襲相続が発生します。
代襲相続とは?

相続人がいない場合の手続きはこちら → 相続人不存在とは?

 

法定相続分は?

法定相続分というものが法律で決まっています。

代表例
①相続人が配偶者のみ
配偶者が全部 1/1

②相続人が配偶者+子供1人
配偶者1/2 子1/2

③相続人が配偶者+父母
配偶者2/3 父母1/3

④相続人が配偶者+兄弟姉妹
配偶者3/4 兄弟姉妹1/4

相続人全員による話し合い  遺産分割協議 で上記と異なる割合で相続することも可能です。

 

相続財産の範囲は?

相続の効力は、「相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する」というものです。
相続人が承継するのは、「被相続人に属した一切の権利義務」とありますように、
プラスの財産だけではなく、マイナスの財産も相続の対象となる点が注意するところです。
マイナスの財産は ”相続したくない!” ということはできないのです。
被相続人の財産がマイナスの財産が多い場合でもそのすべてを承継しなければならないのでしょうか?
そこで法律は、以下の制度を用意しています。

「単純承認」 「限定承認」 「相続放棄

の3つです。

プラスの財産 < マイナスの財産の場合には、 相続放棄  を検討する必要があります。

プラスの財産の代表例

①動産 … 現金、自動車、貴金属、美術品、衣服など

②不動産 … 土地、建物、マンション

③債権 … 預貯金、貸金など

④有価証券 … 約束手形、小切手、株券など

⑤財産権 … 特許権、著作権、商標権、意匠権など

このうち不動産の名義変更  相続登記  は、司法書士の専門分野となっています。

マイナスの財産には、友人知人からの借金、金融機関からの借入金返還債務や連帯保証債務などがあります。

【「相続」と「遺言」に戻る】

 

相続についてのお問い合わせ

直接会って話を聞きたい。ご自身が相続人なのかはっきりしたい等。

ご相談は完全無料です。土日祝日も営業しております。営業時間は9時から20時まで。

お電話でのお問い合わせはこちらから↓

0120-014-677

メールでのお問い合わせはこちらから

ご連絡心よりお待ちしております。

PAGE TOP