代襲相続

代襲相続とは?

代襲相続とは、相続が生じた時に、本来相続人となる者が既に亡くなっていて、その相続人の子や孫が相続人になることをいいます。
これが一般的に代襲相続が起きるケースです。
例えば、祖父が死亡したときに、すでに父が死亡しているような場合は、父の子(孫)が父に代わって祖父を相続することになります。

【被代襲者】

被相続人の ”子” 及び ”兄弟姉妹” です。
→ 直系尊属(親)と配偶者は、被代襲者とならないので、注意が必要です。

【代襲者】

・被相続人の子が相続人となる場合
→ その相続人の子(孫)または代襲者の子(ひ孫)です。

・兄弟姉妹が相続人となる場合
→ その相続人の子(甥姪)

※ 代襲者(孫またはひ孫)の配偶者 と 被代襲者(子)の配偶者は、相続人となりません。

 

代襲相続が生じるケース

① 被相続人の相続の開始以前に被相続人の子(相続人)が死亡したことによって、相続権を失った場合

→ 相続の開始「以前」の死亡であるため、 ”同時死亡の推定” の場合の被相続人の子または孫は代襲者となります。

② 相続人の欠格事由のよって、相続権を失った場合
③ 推定相続人の廃除によって、相続権を失った場合

→ 兄弟姉妹は遺留分を有しないため、兄弟姉妹の子が代襲者となる場合には、③の代襲原因は問題となりません。

※ 相続放棄によって相続権を失った場合には、代襲相続は生じません!!

 

再代襲相続

被相続人の子がすでに死亡していて、孫が代襲相続人となる場合に、その孫も死亡しているときは、次に相続人となるひ孫が相続することを ”再代襲相続” といいます。
つまり、第1順位の相続人である直系卑属(子)については、再代襲、再々代襲・・・ と認められています。

→ 兄弟姉妹が相続人となるべき場合には、代襲相続は認められていますが、再代襲相続は認められていません。

 

代襲相続に関する先例等

①養子縁組と代襲相続

養親をA、養子をBとします。
養子は、養子縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得するものとなります。
ここで、Bに実子のCがいた場合について検討します。

〈事例1〉

1.Bの子Cが生まれた
2.AとBが養子縁組をした
→ Cが生まれた時点では、Bは、Aの嫡出子ではないので、Aの直系卑属ではないことになります。

つまり、Aが死亡したときに、Bが既に死亡していて代襲相続の条件が生じていても、CはBを代襲してAの相続人になることはできません。

〈事例2〉

1.AとBが養子縁組をした
2.
Bの子Cが生まれた
→ 上記と異なり、Cは生まれた時点で、BはAの嫡出子の身分を取得しているので、Aの直系卑属となります。

つまり、Aが死亡したときに、Bが既に死亡していて代襲相続の条件が生じていたら、CはBを代襲してAの相続人になります。

②相続権を失った場合

1.被相続人の子が相続権を失った(子の死亡、相続欠格、推定相続人の廃除)
2.相続人の子が生まれた(胎児及び養子となった者も含みます)
3.被相続人の相続が開始した
→ 2の子は、相続権を失った相続人を代襲して、被相続人の代襲相続人になります。

③離縁後に出生した養子であった者の子

離縁をすると、親族関係が終了するため、養子が養親との離縁後に子を出生した場合には、その子は代襲者とはなりません。

 

【「相続」と「遺言」に戻る】

 

お問い合わせ

相続についていろいろと相談したい。何から手をつければいいかわからないなど。
ご相談は完全無料です。土日祝日も営業しております。営業時間は9時から20時まで。

お電話でのお問い合わせはこちらから↓

0120-014-677

メールでのお問い合わせはこちらから

ご連絡心よりお待ちしております。

PAGE TOP